So-net無料ブログ作成
検索選択

長男の縦隔腫瘍摘出手術6*2017・06・21 [レックリングハウゼン病]

先日の声帯に関する神経(迷走神経・反回神経)の腫瘍の切除をして、声帯に若干の障害(声のかすれ・食事等でむせる)が有るけど、病理検査で腫瘍は良性だった(口頭)と言われたそうです。


その為、レックリングハウゼン病(神経線維腫Ⅰ型)の申請は無理<申請出来ない>そうです。
・・・申請しても承認されない?・・・


執刀してくれた外科医は申請書記入時にステージ3かな?と言っていましたが、神経内科医?から申請書に記名(指定医ナンバー及び氏名等)・症状の記載は無理と返事をもらった様です。
本当にダメなのかな?


 自分は同じ迷走神経の腫瘍摘出で、腫瘍が悪性末梢神経鞘腫でステージ5なのに・・・
自分が直接会ったりして、自分の事を含め話をしてもだめなのかな?


 長男の腫瘍が良性だった事は嬉しいのですが、今後の経過観察や治療の出費、他の場所への転移・多発の可能性を考えるとレックの申請が出来ないのが悔しいです。


 点滴類は終了してますが、声帯(発声)・食事(むせる)の障害(リハビリ)の為か?・・・・
まだ退院許可が出ていません。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0